三塁を蹴る

140字以上書きます

嫌なことはすぐ忘れちゃう女の子になろうぜ

「わたしのかっけえギター」と呟いてその子が放った音は本当にかっこよかったので正しい情報を正しく伝えることは本当にこの世において素晴らしいことだと思った。 もう才能があるフリも誰もなにも気にしなくていい。同じその子が舌ったらずな言葉でフニャフ…

日本ダービーから人との距離のはかりかたの話へ

日本ダービーにチュウ兵衛親分のカタキをとりにいったら二万負けたという話からはじめようと思うんですが。最終的に人との距離のはかりかたになります。 金を増やしたい気持ちより、ウリャオイって何も考えず普通じゃない額の金を投じて、それがブチ当たるこ…

俺はもう笑わされていたい

同期がいつしか言っていた「作家が死に物狂いで提出してきた努力の結晶を、どうして凡人の私たちがボツにできる?」(意訳)ということについて考えていたような気がするここ数日は。まったく働いてないので全部思考実験だけど、色々試してみた結果、「凡人…

『大怪獣』という曲を作りました。

曲を作りました。 作曲をしてみたいなあとずっと前から夢見ていました。今年に入ってからフォークギターをはじめて、まだコードすらまともに押さえられていないんですが、学生の内に一曲と、焦るようにして、なんとか完成させることができました。 学生を終…

ナウシカに殺されたい

僕等は通常、孤独であることを忘れて生活している。現実は常に流れていき、僕等はさまざまの経験に洗われ、視野は絶えず外界に向って開いている。僕等に接触する外界の事象が、或いは重たく、或いは軽く、次々に僕等の内部に経験として沈殿し、時間によって…

二月の十日間(の孤独)

なんで自分は十日間の孤独なんて酔狂をしにいかなあかんのかと最近になって問い始めた。それより免許合宿に行くべきなんじゃないかと、もう人生で免許をとれる機会なんて無いのかもしれないんだぞと。実際友達もみんな口を揃えて免許を取るべきだという。い…

怪獣

大晦日の朝に起きるとわたしは怪獣になっていた。 夢の中で突飛な設定をなぜかすんなりと理解できるようにわたしはわたしが怪獣であると理解したしかし同時にこれが夢でないということも理解した、夢の中でそれが夢だと理解するのは困難だという反駁はあるが…

ともだちのひと

「ぼのぼのちゃん、大人になるとともだちはいなくなるのよ。大人になると『ともだち』じゃなくて『友人』になるのよ。『友人』だから、『ともだちのひと』ということよ。だから『ともだち』とはちがうのよ。」 友達 恋人と友達。前まで友達の延長線上に恋人…

高校時代の路地裏音楽戦争

昔(2011/6/17らしいです)のブログの自己紹介欄に、聴いている音楽という項目があって、下のやつなんですが、やっぱり高校生までは邦楽より洋楽をよく聴いていたみたいです。思えばぼくが初めて自分の金で購入したCDは中学生の頃、QUEENのNight of the oper…

がっかりしたら終わりなだけの多元宇宙

恋人にがっかりしちゃったらどうしよう。友達にがっかりしちゃったらどうしよう。先生にがっかりしちゃったらどうしよう。親にがっかりしちゃったらどうしよう。例えばよくある寝取られ系美少女ゲームのストーリー大好きな恋人が新歓でたくさん酒を飲んでつ…

39.6℃の熱を出してぶっ倒れた日記

毛布に布団二枚にわりとモコモコしたパジャマまで着込んでるのに悪寒が止まねえなあと思ってたら久しぶりに咥えた体温計が39.6℃を叩き出していた。寝すぎてダルくなっちゃってるだけだろうと思い込んで寒いなか窓掃除なんていう珍しい家族奉仕までキメた後だ…

夜(さみしい同盟を脱退した人へ)

日の出から日没までは日中という言葉で表せるが、それでは日没から日の出までを表す言葉はあるのだろうかと誰かが考えこんで眠れなくなった夜に〈さみしい同盟〉は結成された。 なんてことはないただのLINEグループ、さみしい人が集まり、寝られない夜に「さ…

君のそのファッションはいつの君を表現するんだ

シャツを買いに行ったんですが結局宇治抹茶ラテを買いましたチグハグな関係にチグハグな時間「お前は誰だ?」みんな楽しくなろうとしていても楽しくならないときって何が悪いんですか?LINEの「友だち」が529人もいて、こんな「友だち」の数になんの意味もな…

また明日冗談をいってやるよ

ええまあとにかく人と人とはすれ違っていってそんでハローもグッバイもサンキューもいわなくなるわけなんですけどもLINEのトーク履歴だけは消さないでおこうね。片手落ちの想い出は感傷的で鋭い。どうしても人を傷つけなきゃいけないときにどのように人を傷…

あの停電

あの停電があったとき俺は新宿を歩いていました。その晩は恋人と喧嘩して、というか泣かせてしまって、なんなら別れるとかいうワードも飛び出してきて、本当は泊っていくつもりだったんだけど終電なくなってんのに追い出されて、マジかよと思いつつまあ深夜…

もし傷つけていたらごめんね

もう誰かを傷つけていってしまうのは仕方ないと思っていこうね。でもせっかく誰かを傷つけていくのならちゃんと知って知らないうちに傷つけていたなんてことは無しでお願いしますよそれは夜明けの瞬間みたいだ。 弱くなったり強くなったりするのはもう飽きた…

叫びのススメ

最後に叫んだのはいつだ好きな子にフラれたときか、留年したときか賭けに勝ったときか電車が通り過ぎている間に叫んでみたんだよ。 悲しいとき楽しいとき嬉しいとき苦しいときいつでも叫んでいいのにもっとみんな街とか、叫んでるひとでいっぱいになってもい…

でも今日のことは、忘れないでくださいね。

死ぬことがこわいのは、その瞬間に「すべて忘れてしまう」からじゃないだろうか。 少し前に見覚えのないアカウントからLINEがきた。 「突然の連絡ごめんなさい! こちら千代田くんのLINEで間違いないでしょうか? 中学のとき同じクラスだった〇〇です! 昨夜…

嘘くさい位 秋の気配 過ぎた季節を 夢見ている

永らく連絡をとっていなかった友人が急性胃腸炎だって。急性胃腸炎だから連絡をとったというわけではないのだけど。朝起きて、スマホを見た瞬間に二つ予定がキャンセルになり途方に暮れて、それでも後輩に借りていたものを返しにいかなくちゃいけなくて。だ…

ニャースは或る夜、月が剥がれるのを見た

美しいものに出会った「ああ美しい」という詠歎の言葉のその次に、なぜ悲しくなってしまうんだろう。それはその美しさがいつか損なわれてしまうことを、忘れてしまうことを想像するからだいつか思い出となって忘れかけたころに忘れかけたという痛みが刺して…

誰か夜の遊園地へ連れ出してくれ

来週末に自分の劇団で芝居をやります。まあ最後だろう、と思っています。 実は四つ目の作品、映画もカウントすると五つ目の作品です。本当か?いま指折り数えてみたら合ってました。 深夜に心が素数かって感じになってきたので軽く振り返ります。 自分は役者…

先日銀座のとあるナンパバーに行って30代の女性と話してきただろう

26歳と検討をつけて話しかけた女性は33歳だった。10歳も年上だ。店内は暗く爆音でクラブミュージックがかかっていて、だから見誤ったのかもしれない。綺麗な人だった。23歳の姿を見てみたいと思った。 友達と一緒に「本当ですか!?」ってお世辞じゃ…

朝六時までかけて『クロノ・トリガー』をプレイすることへの試論

僕はいま『クロノ・トリガー』というスクウェアが二十年前に出したRPGゲームをせっせとプレイしています。『クロノ・トリガー』をプレイしていると社会に出たときなにかいいことがあるかといえば、ありません。実際、社会に出たらもうやることも無いだろうと…

給食袋を忘れた君にバスの窓からそれを投げ込むということ

中学一年生のときの、ささやかな同窓会を開いた。 人生のどこかのタイミングで、思い出を作るのと、思い出に浸るバランスが逆転するのだろうな。正直、僕はまだ思い出が足りない、と感じている。 それはつまり、まだ人生これからだと思っているからか、それ…

小学校や中学校の先生は学習指導要綱なんて守らず、己が人生で学んできたことだけ伝えてほしい

教室はまちがうところだ という詩がある。確か小学校の教室の壁に貼ってあったような気がする。読んだことがない人は、検索すれば出てくるので読んでみてほしい。 つまり、恐れずにガンガン間違っていくなかでどんどん本当のことを見つけていけばええんや、…

校則の僅かな違反を見逃してやることで共犯関係になる先生と生徒(誰に対して?)

俺の通っていた中学校は公立だったのだけど、なんか気合い入れて作られたとこだったらしく、やたらと先進的だった。埋立地にマンションが並ぶ、新しい街だった。 制服もチャイムも校則も無かった。いまにして思えばかなり特殊な学校だった。 そして平和だっ…

乳首の位置を当てられたら藤原基央っぽく叫ぶというゲームをしてたら朝がきた

ぼくは小中学生のころ、同年代の子らと比べて圧倒的に読書をしていたほうだと思うのだけど、読んでいた本はといえば、父親の読んでいた「東海林さだお」やら「大沢在昌」やら「阿刀田高」とかいった、かなり俗で、いかにも40代のオジサンが読むようなもの…

去年のいまごろに書いた小説というか独白というか、文章が出てきた

思いつきしなにバババと書いて、それっきりすっかり忘れていたのが出てきた。 自分で書いたから当然だけど、この男のいうことはよくわかる。 『計画』 男「あの、いるじゃないですか、何歳までに俺は死ぬみたいなの言う人、います、よね?いますよね、ほらあ…

サヨウナラ二〇一五

YO サヨウナラ2015 十五の俺がいまの俺を見たらなんていう それなら全員集合 振り返る今年の君と俺のランデブー 出会った全ての人に感謝 なんていうと思ったかこのボケ でもそういう気持ちもちょっとわかんだ せめて届けばいいなこの声 まるで山月記 …

ナラズモノになれなかった人のために

よお最近どうですか、大学に入ったそうじゃないですか、はじめて聞いたときは正直ちょっとビックリしたっていうか、安心したっていうか...... いやちゃんと正直にいうよ、正直にいうならガッカリもしたんだよ、あれだけの才能を持った奴がって...... 当時は…