読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三塁を蹴る

140字以上書きます

何が正しいのかといえば若者が正しい

 

中二病のころの自分が、何を考えていたのかはもうまったく理解できないというか思い出せないのだけど、まーVIPやニコ動見てたから結構もっともあってはならない病状だったんじゃないか。しにてー。

当時の自分と対面したとして、きっといま俺が近くの中学校でチューターとして向かい合ってる中学生どもと同じくらい意思疎通が不可能なんだろう。ドラゲナイとかヒカキンとか急に叫びだすんじゃねえよ。エアーマンが倒せない歌うぞ、こら。

で、お決まりの「こんなの習ってなんの役に立つんですか」だよ「数学とかいらなくないですか、因数分解とか絶対使わないんですけど」じゃねえんだよ、俺だって使わねえよ。

まあ俺は俺なりに、論理的思考が云々とか、可能性を狭めるとか、色々考えたり言ってみたりするんだけど、やれパズドラだ、まだラノベ文化はあるんだな、おい無駄にカッター持ってくるんじゃねえよ、「護身用です」とかニヤニヤしながら言うんじゃねえよ、そんなちっぽけなもので優越感を持とうとしないでくれ......

奴らのあらゆる「なんで」に対して俺は「大人になればわかる」と答えようとする。実際、本当に5,6年も経てば、それらの疑問はもう抱くことはない、と思う。

ただ、奴らのなんて楽しそうな。本当に低レベルなユーモアで大爆笑、これが箸が転んでも笑うってやつなのかとも思うけど、実際消しゴムが飛んだだけで笑いやがる。

 

全くもって、わけがわからない......子供はそんな好きじゃないんだよなあ でも俺も、ほんの6年くらい前にはこんな、いやそんな活発に、笑うようなやつじゃなかったけど、そんで自分なりに、色々考えてたはずなんだよなあ。するとどうも、中二病までの自分が死んでしまったような、いや自分とは別にそういう人間がいて、そいつと永遠にお別れしちゃったような寂しい気持ちになる。なんだろう、その頃の自分を失くしてしまわないためにも、なんとかこの中学生共を理解しなきゃなと思う。

もし俺が奴らに、「何がそんなに面白いんだ」と訊いたら、「先生も子供になればわかりますよ」なんて、言うだろうか。

 


思い出は億千万(Verゴム) - YouTube