三塁を蹴る

140字以上書きます

日本ダービーから人との距離のはかりかたの話へ

f:id:asobitarinai:20170528231454j:plain

日本ダービーにチュウ兵衛親分のカタキをとりにいったら二万負けたという話からはじめようと思うんですが。最終的に人との距離のはかりかたになります。

金を増やしたい気持ちより、ウリャオイって何も考えず普通じゃない額の金を投じて、それがブチ当たることでなにかしらの自分の第六感/センスの存在が立ち現れる気になる気持ち良さを求めてやっているフシがある。

それは例えば麻雀でヤバめの危険牌をなんの保証もなしに通す快感。崩れそうなジェンガの1ピースを勢いよく抜き取る瞬間。ブロック崩しで、たまたまブロックの群と天井の間にボールが入ってめちゃくちゃ点が入るのってよく考えられてるなと思います。適当にすれば適当にやるほどの気持ち良さはある。本気でやったことが上手くいくのとは別に。

いや結局本命のレースでぶっ飛ばされた、けどまあそれで済んで良かった。卒業レースも、ラスト2単位のレポートもなぜか規定字数の7割で提出して、これで通りゃもうけモンだなって気持ちだった。いやそもそも、残り卒論と別に2単位って計算も、二年前にしたっきりで全然自信がなかったけれど、なんだかんだ最後まで再計算することはなかった。合っていて本当によかった。

最近いろんな人と話していて改めて自分は、自分が強運の星のもとに生まれついていると過信しているなと思います。超がつく楽観主義です。そしてそれは、いままで自分がクソ恵まれている環境に身を置いて(置かされて)きたからだなあとも、それはまあ本とかも色々読んで、統計的にも。

そんでまあ人、人が好きというかもう結局なんとかなると思っているので、とりあえずみんなイイぞ!って気持ちになるのが特徴としてある。のはなんだかなあと思っていたけど、これは良さということにしようと。

いや実はなんとかなってなくて、たまに気がつくと、おや、これはもしかしていわゆる絶交状態というやつかな? という事態があり、まあそれはごく稀にしか気づかないので多分、気づいていない絶交が実はたくさんあるとは想像しているけど…… 『人との距離のはかりかた』という名前しか知らない曲があるんですがときおり名前だけ思い出すんですがそれがわかってないのではと思って思い出すのははじめてだな!

どうやら人との距離のはかりかたは、わかるわからないとかじゃなくて、やっている人はやっている系ぽいということに齢24にして気づいたのだけど、齢24になっちまったので、仲良い(と思っているか願っているかしている)人はどうか、うまくステップを踏んで良い距離を掴んでくれと祈るしかない針人間(針人間はウソ、というのは高2以前より比較的やっていっているつもりという気持ち)